聖ヤリマン学園 援交日記

働きアリのような生活は、妻への愛情を奪い去ってしまっていた…。だから離婚が成立したその日の夜は、むしろ晴れ晴れとした気持ちだったと思う。珍しく一人で酒を飲み、独身時代のように夜の街を徘徊した。様変わりして若者のものになってしまった街並みを見て感慨に浸っていると、視線に気付いたのだ。「―――」もしも子を授かっていたならば……と、

動画を見る

動画が見れない時はこちら